利用する病院探し

気分が安定しない

昨日までは気分が落ち込み気味だったにも関わらず今日はテンションが高い、と、気分が安定しない人がいるでしょう。そのような人は、「躁鬱病」という病院を発症している可能性があります。躁鬱病とは、「躁」と「鬱」の状態が交互にやってきて、気持ちが不安定な状態のことをいいます。躁鬱病は鬱病の一種なのですが、鬱病と聞くと「もしかして治すことができないのでは」と不安になってしまう人がいるでしょう。しかし、躁鬱病は病院に行って原因を解明してもらい、薬を始めとした方法で治療を受ければ、ちゃんと治すことができます。そのため、発症したら病院に行った方がいいのですが、病院に行くとなると病院を探す必要があります。

口コミサイトを見る

口コミサイトと聞くと、「利用した人が感想を書く場所ではないのか」と思ってしまう人がいるでしょう。確かに、口コミサイトは「ここの病院、丁寧に診察してくれた」、「医師が話を聞いてくれたから、安心して治療に専念できた」といった感想が書かれています。そのようなサイトは、病院別や項目別に感想を書く場所が設けられているので、利用者の声を確認しながら病院を探すことができます。

情報サイト

インターネットで検索をすると、躁鬱病を治療してくれる病院が記載されている情報サイトがヒットします。そのサイトには病院の情報がたくさん記載されているため、効率よく病院を探すことができます。

躁鬱病とうつ病の違いとは

躁鬱病とは、「躁状態」と「鬱状態」の二つを繰り返す気分障害の1つです。 そのため、この病気はまたの名を「双極性障害」と呼ばれています。 一見して、うつ病と名称が似ていますが、明確な違いがあります。 うつ病を発症する人の割合が、日本では100人に5人前後、欧米では100人に10人前後です。対して躁鬱病の場合、100人に1人程度と比較的少ないです。 また、男女差や年齢差にも違いがあります。うつ病を発症する人の多くが中高年、特に女性であるのに対して、躁鬱病は20代前半に多く見られ、男女差はありません。 しかも、うつ病は「鬱状態」のみ発症するのに対して、躁鬱病はこれに「躁状態」が加わっています。そのため、うつ病を見分けがつきにくいです。 このことから治療法も異なり、躁鬱病の患者が抗うつ病治療を受けると、治るどころか症状を悪化させる恐れがあります。

治療期間が長いと経済的負担が大きくなります。様々なな支援を受けることで負担を減らすことができます。

 躁鬱病とは双極性感情障害とも呼ばれる、躁症状と鬱症状を交互に繰り返す精神疾患です。症状がみられる時期と寛解がみられる時期が交互にあらわれ症状は数週間から6カ月程度現れるのが一般的です。原因としては脳の神経伝達物質の異常、遺伝的要素、性格的な要素、ストレスが関与しているといわれています。躁鬱病の治療は薬物療法が中心です。しかし、躁鬱病の薬は他の薬に比べて比較的高いもの多く、長期的な治療を必要とすることもある為、経済的な負担がかかることがあります。そのため、精神病疾患に対する医療制度には「自立支援医療」というものがあり、これを利用することで1割程度の自己負担で済みます。その他、医療福祉や社会保障の適応になり支援を受けることで経済的な負担は軽減できます。

オススメリンク

躁鬱病の原因を知りたいならこちらの病院へ行ってみてはいかがですか?あなたの症状に適した治療を施してくれますよ。気になる方はサイトへ。